真夏の通り風
f0033745_02055789.jpg

f0033745_02055938.jpg

f0033745_02060278.jpg


夏休み中盤、世の中は熱中症だと出るのを控えるなか、うちは工作作家おけいはんの制作活動のため、目下ひきこもり中でした。

でも、なんやかんやと出てはいたんやけどな、自宅から自転車で花火鑑賞やら夜の祭りやら流星観測、、、って夜しか出てないやんっ!

母は、ひきこもり作家のサポートに、もう、もう、ちょっと、だいぶ、うっぷんがたまっていて、今日こそはもう昼間公園出よう!!雨降るかもしれんけど、レインコート持って‼と鼻息荒い母を横目に、
「こうえんいかない。きょうはブロックちゅくるってきめてた。」
といわれた。

ので、「ブロック持ってこう!ござでブロックしよう!」
と、なかば強引に誘いだし、案の定、青空ブロック制作(ベンチの屋根あり)。

でも、風が吹き抜け、おけいはんもわたしも、人のいない公園、広目のベンチに裸足が気持ちよく、まあ、ここまでできたらええか、と思ったり。


雨が降りそうな強めの、
なまあたたかい風が山から、なんども吹き下ろし、
腰を上げるも、
(結局雨具は置いてきた。降水確率下がったし、、、)
また晴れ間がじりじりとし、どっちやねん、、、と、腰を下ろすこと、5、6回。


おけいはんも、ブロック満足したようで、砂場のあと、砂場のブロック壁をよじのぼったり、遊具同士の間に道を書いて、遊具ムサシ(何ての、色んなアスレチックを次々とクリアするやつ)したり、体動かすのも好きなんやん、と思ったのでした。


f0033745_02060660.jpg

f0033745_02060861.jpg

そしてまた制作に戻っていかれました。
こちらは、自身の誕生を祝う会のかざりものになりました。
(誕生日は10月。。)

あとは、ひたすらピタゴラスイッチビーすけの大冒険づくりと、絵の具とブロックを手掛けておられます。





[PR]
by t-saekit | 2018-08-17 01:33


<< 懐い暑 森の中 >>