森の中
f0033745_06312820.jpg


こどもを産んでから、
こどもにかかりきりになってからは、
そのときにできることを、がむしゃらにやってたりして、噛み締める気持ちになかなかなれなかった。んやけど。

今、森の家の、ログハウスにいます。
こどもが、森のようちえんに通って、家からバス合わせて一時間ほどのところなので、逆に一旦家に帰らなくていいんちゃうん?というコペルニクス的転回で、ログハウスで作業、雑務中です。


子供はさっき、森へ入っていきました。
草っぱらで、ござに座り、ウクレレでうたを歌ったり、あと、大事な自分の今の気持ちを言う時間、ここに来るまでのこと、今日したいことだったり、楽しかったことや、体のこと、ささいなことをみんなで共有することで、みんながみんなのことに気づく時間。
ここでは、笑顔でも、笑顔でなくても、まるごと受け入れてくれる。
やりたくなかったら、やらなくても大丈夫よ。

見学の日は前半はふにゃふにゃで、知らない子ばっかりだし、朝早めに出るからおなかすいたのと、いつも砂場で土木作業三昧だから、とんぼを追いかけるみんなの動きについていけなくて、でも数名がウシガエルを捕まえてた瞬間は、やっぱり気になるようで、枝で(さわれない)つんつんしたりして、
そうそう、ちょっとずつでいいんよな、
と思ったりして初日を終え。

そんなんだったから、次のはじめてひとりで参加した日の、
私の去り際に、名残惜しそうな手が痛々しく、そっと、ふりきってきたけど、
しかし、お迎えに向かう道に私を見かけ、猛ダッシュで駆け寄り、
「かあちゃん、おもちろかった!!」
と言った!!!
そうかぁ、おけいはん、そうかあ!!!!


これからやね。
その心でつかんでこいよ。

f0033745_06313137.jpg

[PR]
by t-saekit | 2018-07-04 13:14


うたのアトリエ 輪と和 お名前... >>