「雨の名前」
f0033745_18252890.jpg

ムーンパレスを描きながら雨の一日をすごす。
良い絵になりそうやなーとほくそ笑みながら(キモい)
私は雨の日の方が、心が地に着いている気がする。
晴れた日の夕暮れもいいけど、乾いた空に飛ばされて
ちょっと気持ちが落ち着かない。

来世なんてないからな
苦しくても今生を生き抜くほうがきっと楽だ。
と、ふと、何の関係もなく思った。
ときどき魔界が私の前にちらつくけど、
頭からにゅうと離れて空に飛んで行きそうな自分のタマシイは
あーもーこわいのはやだやだ、なんつっておちゃらけて
今日雨とともに、ちゃんと地面に降りてきた。

ああ、友人から借りているコワいという本にまだ手を付けてないなー。
あんまりこわいのは一人暮らしになって避けるようになったし。
自分でどんどん落ち込んで、うつろになってくるからな。
もしちょっとこれはと思ったら
本は未読で返すかもしれません。ごめんね。

昨日も今日も明日も何があっても、
しあわせな何かに変える方法は自分の心の中にある
んやと思う。
「雨の名前」を知ったら
雨ひとつそう思えるかどうかは自分の中にあるんやろと思う。

<今日の音楽集>
♪アカシアの雨がやむとき/Ver.ootaka shizuru
♪悲しくてやりきれない/Ver.ootaka shizuru

♪SEM VOCE/Antonio Carlos Jobim
♪亡き王女のためのパヴァーヌ/フジコ ヘミング
[PR]
by t-saekit | 2009-06-21 18:48 | そぞろ歩き


<< 「 ムーン・パレスを描く」 だれかのための物語、そしてde... >>