<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ロシアの方舟
『エルミタージュ幻想』  監督:アレクサンダー・ソクーロフ
f0033745_20184829.jpg
f0033745_201965.jpg

「声」は、宮殿に入って行く。
声、だけの目線は、流れるように奥へ奥へと進むうちに
ひとりの黒い服を着た男に出会う。
19世紀のフランス人外交官キュスティーヌ伯爵。
亡霊の伯爵と「声」の姿は周りの人びとには見えていない。
夢うつつのまま伯爵に案内されて巡る、ここは、エルミタージュ美術館。
豪華絢爛な回廊にめまいがするような、幻想的な宮殿内。

「あそこにいるのは女帝エカテリーナ、劇場を造らせて自分で演出したバレエを上演した。」
カノーヴァの彫刻の前では「おお、マンマ!」と叫ぶ。
盲目の女性に出会い、彼女は、絵と話をしているという。
伯爵に導かれるまま、するすると宮殿内を巡る。
美術品を見ながら伯爵がひもとく、ロシアの激動の歴史。
この宮殿の美術館は、政治的に重要なことごとが起こった場所でもある。

「声」が、美しい扉に手をかけると「その部屋は入っては行けない!」と伯爵が言う。
暗い部屋で棺を作る男、ドイツの戦いででた犠牲市民のための棺。
白く輝く大広間では、謁見するペルシアの使節団。


押し寄せるような映像の洪水、
目が回るように、美術作品や歴史に名を残した人びとに出会う。

と思ったらこれは、全部ワンカットで撮られてるんだった!
あとで解説ブックレットを見て気づく。
壮絶な映画!!!

時空を超えて、ひといきにロシアの歴史を見た。
ヨーロッパから見て辺境の地にあるロシアが
抱えているコンプレックスのようなものをも感じる。
ラファエロの回廊を通り、ヴァチカン宮殿のコピーだと批判し
「こうまでしてイタリアに憧れる?」と言う。
が、フランスだって実はイタリアを吸収しようとして来た歴史があって
キュステーヌが、イタリア人彫刻家のカノーヴァの前で「ママ!」なんて
ひざまづいちゃったりしてる。

天から見下ろしているような、でもこのロシアの地に入り込んで一緒に体験したような
そんな、壮大な映像。

息もつかないまま、どっと疲れた気分。
ラスト、舞踏会のあと、大階段をおりてくる数千人ほどの人びとが、
笑いさんざめき、美しいドレスを着飾って帰って行く。
ごうごう流れる巨大な河のように
ロシアを運んでいく時空を象徴するように思えた。
豪奢な装飾に対して、冷たく冷えた大理石の床を思い出されて
美しくもなぜか哀しく寂しい気持ちにおそわれていた。
[PR]
by t-saekit | 2013-07-27 21:43 | 映画会の記憶
湿原を駆けまわるポニーのような
f0033745_15244133.jpg

その日はなんだかばたばたしてて、
すっかり大事な用事を、来週と勘違いするところだった。

たまたまメッセージを見て、しまった!と思った。
今日はライブの日、それも会いたかった人との、初対面の!!

大江友海さん、うたを歌う人、
しずかにやさしい歌声で、でもふつふつと楽しい気持ちがわきあがるような。
http://mominonikki.blogspot.jp/2013/07/blog-post_15.html
(↑大江さんのブログ、当日の様子の写真たち!)
7月14日日曜日、つながりつながるサロン HAPPY DAYS
代官山のangeと、お隣のCAFE STREAMLINEで
マルシェ、カフェ、ワークショップにライブ。


代官山駅に着いたとたん、雨を呼ぶオンナ、サヘキを待っていたかのような豪雨。
あああ、降るわな、最近、ちょくちょくゴロゴロしてるもんな、
と反省するも、急がねば!もうあと20分。
雨宿りしぃしぃ(しかも途中行き止まりで引き返し、ってなにやってんだぁ〜)
ようやく辿り着いた会場となりのカフェバーでひとり、髪の毛もワンピースもぺったりした違和感のある佇まいのわたくし。
そんなあられもない格好で?大江さんと初ご対面!

大江さんが「やぁやぁ」ってな感じでひょっこり登場して、なんだか急にぽわっと陽が射したみたいな空気を感じた。
なんだろう、この人のこのあったかさは。だれもが笑顔になってしまうような中から光るような明るさは。
きゃー!と、お互い感極まる挨拶を交わす。


以前、Youtubeで彼女の歌う映像を観た、時に、
ああ、この人は地に足着いて、自分の声で歌っている、うまくて心地いい響きで、
それ以上の、この人自身から出る幸せな気分を感じる、
と思ってずっと、そこに行って、声を聴きたかった。
そして、いま彼女が歌う声を聴いて、姿を見て、それは本当にそのとおりだなあと
しみじみ思っている。

今朝からのすったもんだなどしゃ降りが、さあっと晴れて
濃い深い青空の下、ちいさなポニーが駆け回るような情景を思った。
「これは、失恋の、歌なんですけどね」
とお茶目に解説する言葉を勝手に「湿原」と聞き違えて
アタマのなかで、湿原に転がるようにたわむれるポニーが浮かんだ。



帰り道みち、あんなにどっしゃり崩れた天気は
今や風すら涼やかに腕をさわって、しゅるしゅる鳴く夕方の蝉がせつなくしみる。


もみさん(大江さん)の歌声をぜひ!
http://www.youtube.com/watch?v=Y9jiJfiA3xE
http://www.youtube.com/watch?v=r-vc2TZC4Dc

f0033745_1541199.jpg

[PR]
by t-saekit | 2013-07-19 16:34 | 舞台の残像