<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
花を
もらった。
それを私はちゃんと育てたいと思う気持ちが
いつもある。
でも時々うっかりとか、すっかり、とかやっちまう。

花畑をつくれるほどには
自分のひとひろは大きくないことを知っている。

f0033745_20522522.gif

花を
というサイトが生まれた。
そこにはゆっくり育んで来た
あるひとりの目から発信されるモノやコトがある。

私はヒトの日記をのぞくのが趣味で(ブログね、あくまでもね。)
またヒトの部屋に行ったりするのも興味しんしん丸で
そこにひそむ御朱印帖の背表紙や
手作りのコドモ用キルティングバッグや
チチオヤに贈ったけどいらんといわれてデモドリしてきた
赤いかわいい椅子とかがある。
どれにもそのヒトが握りしめた歴史がある。
そういうものの背中をみるにつけ
自分とその人との絶対的な距離感と
自分にないものの羨望の思いと
ホソい白い指先でついーと注がれるお茶と
その手のほくろをみながら
その人が愛したモノやコトや
そのヒト自身へ、思いをはせる。


アンディとは
似顔絵を描いた事でお互いの存在を知り
そして彼の人生にまとわりまわるまわる人のつながり
オモシロいコト
なんかが彼の衛星となり
私はその星座を眺めながら
ほんとはきっと、本人にしかわからない
それぞれの星々の距離感やなんかがきっときっとあるんやけど
私は私の方からしか見えないその美しい星座を見ながら
タメ息を吐き吐き、うらやみつつ、
アンディの今を思いつつ
振り返って自分の星座は果たして
そんなふうに美しく描かれているかしらんと
我が衛星を見つめたりする。


往復書簡を、
そんな彼とはじめました。

キュラコ、硝子のドレスを纏う。
f0033745_20524181.jpg

[PR]
by t-saekit | 2011-03-07 21:18 | 書簡 | Comments(0)