<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アテンションプリーズ:日本発、宇宙旅行。
雑誌「NODE」の企画に参加します。
この冬、12月売りの号で紹介される企画に参加します。

日本とサエキの異世界ワンダーランドが
いったいどの地に降り立ってしまうのか
宇宙まで飛んでってしまうのでは
それもありか
未確認飛行物体による日本発、宇宙旅行へと誘いたいと思いますので
どうぞ搭乗口がひらかれる時刻まで
いましばらくおまちくださいませ。
[PR]
by t-saekit | 2010-09-12 12:21 | アート活動 | Comments(0)
にほんのもの
にほんのデザインはころころと愛らしく、
はっきりきっぱりとスマートで、
そんなサイトを二つ。
f0033745_1831412.jpg

株式会社 北星社|紋と暮らす。紋を贈る。
兵庫の印刷会社が立ち上げたブランドかな。
紋かるた、紋しるし、紋たより。
光琳梅を組み合わせちょいちょいといたずら描き?
つらのかわ梅の、つらの皮、おじい的タレ具合にこころゆるしてしまう。

f0033745_18321251.jpg

マリンバ奏者、通崎睦美さんのメテユンデ
マリンバ奏者とあって、
西洋的な音楽的モチーフと和柄・銘仙の組み合わせはとても洒落てる。
銘仙を中心としたアンティーク着物のコレクターである通崎好みのセンスがうかがえます。
[PR]
by t-saekit | 2010-09-11 18:49 | アート活動|構想 | Comments(0)
フーセン・ドリーム
f0033745_1311358.jpg

自転車で病院の側を通った。
大きく窓を開けている一室から
ぽこぽこと風船が飛び出ていた。
次から次へと湧いて出るような白い風船。

「ふうせんがぁ、でてますよぉ!」

と大きな声で叫んだ。
ら、男の人がぴょこんっと出てきた。
ぽかんと口を開けて、
部屋いっぱいの風船が
高い明るい空に解き放たれるのを
二人で見ていた。



という夢をみた。

その次の日には、私のパートナーの
胸にタトゥーが彫られている、夢。
四つのモチーフが胸に並ぶうちの一つは
薬瓶。
なんでやろ。
「ええやろう」と自慢げな彼。
てらてらしたカラフルポップな図柄にうんざりした私。


夢でよかったわ。
これだけは。
[PR]
by t-saekit | 2010-09-09 01:45 | 夢の通ひ路 | Comments(0)
コパーの白い巨(微)塔と、有元さんのショウゲキのへなちょこ絵
f0033745_1973424.jpg
f0033745_1974855.jpg
f0033745_1975949.jpg
f0033745_198728.jpg

ハンス・コパー展、汐留のパナソニック電工 汐留ミュージアム。
へんてこりんなカタチがますますとぎすまされて、ハンスコパー、もはや花器とは名ばかり。
せめて袋状になってるから、花、刺せるけど〜
もはやオブジェの域まで達したコパーを、
静かなまなざしで見つめるルーシー・リー。いや、たぶんね。
コパーの白い器の林を過ぎると、あらきれいな色彩のある景色。
ルーシーはあいかわらず、すてきやけど、コパーの可愛く奇怪な花入れもよい。
白いカラダに、鉢巻きもしくはパンツみたいなつぶつぶのドット柄模様。

有元利夫にはちょっと興味あったけど、そんなに期待してなかったのに。
庭園美術館での有元さんは、
七夕の夜に魔法をかけたり
美しい宵に花びらを振り撒き、
チェンバロの鳴る静かな天空で
絵を描いていた。

と思って浸ってたのに
素敵すぎるへなちょこ絵付けのお湯のみにがつーんとやられた。

あれをみたら、だいたいみんな、有元さんのことを
愛おしく思うに違いない。


汐留から駅に乗る前に
食のみやこ鳥取プラザで4人の有名人(脇役)を手に入れた。
それぞれ味の違う役者たち(レモン味、ヨーグルト味、以下忘却)に
歓声の悲鳴をあげる私とかもめ
金太郎飴ならぬ「鬼太郎飴」。
主人公は出来が悪く、無視した私たち。
f0033745_1981731.jpg

ぜったい悪いことたくらんでるわ。
f0033745_1982539.jpg

にやり。
[PR]
by t-saekit | 2010-09-04 19:35 | 展覧会の館 | Comments(0)