<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
水辺の記憶。
f0033745_120753.jpg

雨と休日ブログをみていたら、
水と循環の音楽、配布中。
とあった。(2010.05.13)

新潟を拠点に活動されている
のみの音楽舎さんが作られている、
小冊子「水と循環の音楽」を
雨と休日で配布しています。

ということでテーマは「水」らしく
魚座、水辺好きは
ここはやはりと送付依頼。

47枚の水の音が紹介されていた。

Hybryds "Soundtrack For The Aquarium"
世界最古のひとつ、アントワープ動物園150周年記念の
水族館とその周辺のためのサウンドトラック。
水の揺らぐ音や動物の声、なぜか不穏な気配の避難警報の音も入っているよう。

Robert Haigh "Written On Water"
海底に沈んだ家具への鎮魂歌、と。。。
サティやドビュッシーの響きをもつうつろなピアノ作品たち。

Michel Redolfi "Sonic Water #2: Underwater Music, 1983-1989"
水中スピーカを設計、水中で聴かれるためのテープ音楽
サブ・アクアティック(水棲)音楽
水中のオペラ・コンサート
深いエコーのシンセサイザー


このほかボリュームがすごくて
ひとつひとつ、気まぐれに海に浸かってカラダほぐすように
1ページずつひたっているところです。
[PR]
by t-saekit | 2010-05-28 01:25 | 夢の通ひ路 | Comments(0)
宙にぶらぶら浮かぶもの
f0033745_061879.jpg

『人のセックスを笑うな』 山崎ナオコーラ

ぶらぶらと垂らした足が下から見えるほど低い空を、小鳥の群れが飛んだ。
生温かいものが、宙に浮かぶことが不思議だった。
-
寂しいから誰かに触りたいなんて、ばかだ。
相手を大切な人に思い、しっかり人間関係を築きながら、愛撫はゆっくり優しく丁寧に、
且つ、エッチに、相手の反応を細かく見ながらやるべき。
-
しかし恋してみると、形に好みなどないことがわかる。
好きになると、その形に心が食い込む。そういうことだ。
オレのファンタジーにぴったりな形がある訳ではない。
そこにある形に、オレの心が食い込むのだ。
あのゆがみ具合がたまらない。忘れられない。
-
べつに愛というのではなく、ただの執着だとも、思う。
燃えている火はいつかは消えるものだ。それゆえに、燃やさずに静かに仲良くはいられないものか、と願う。
しかし、心臓が燃えていないなら、生きていても仕方ない。
恋だとも、愛だとも、名前の付かない、ユリへの愛しさがオレを駆り立てた。
訳もわからず情熱的だった。
-
ユリと代々木公園を、手を繋いで散歩した。
自然は美しいことがあるけれど、美しさには向かっていない。
見上げると、枝が伸び、葉っぱが重なり、見たことのない模様を作っている。
美しいと感じるけれど、枝は美しさに向かって伸びてはいない。
枝は偶然に向かって伸びている。
たまたまそういう形になっている。
偶然を作り出そうとしている。
偶然を多発している。
-
要は側にいたから心がくっ付いたのだ。
体をくっ付けたから。
オレのAカップもない胸の肉をユリがえぐって持って行き、今もどこかでオレの肉をつねっているのだ。
-


小説の、上の文章を読んだら
ユリは、たぶん不細工なほどのアンバランスさを持ってたはずで、
あちこちついた肉のゆがみぐあいや、気まぐれな行動、
けっこうぼさぼさの状態でも、オレはユリを愛する。

わかりやすい美しさ、とか
説明できる性格のそんなとこ、
とか
そういうことではなくて、ただそこにその人がいることで
反応する心と体。

映画では、みるめはぎゅーっとしたくなるし、
ユリは小悪魔っていうかオオアクマやし美人やし
はっきりドキドキできる、切ない恋愛映画。

小説では、
ふさふさの毛から、不気味ににゅうっと出ている鳥の足のなまなましさが、
さわやかな空にぶらぶら浮かぶシーンからいきなり始まるのが
ドキドキよりも、もっと温度が低くて
でもなまあたたかくて、肌をくっつけ合っているような
そしてそこから離れられないような
説明のつかない愛しさを思った。
[PR]
by t-saekit | 2010-05-14 00:37 | 雑食の本棚 | Comments(0)