<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
展覧会宣言!(ほんまか)
f0033745_17334216.jpg

今、ちょっといろいろどうか分からんけど
夏あたりに展覧会をしたいです。
でもほんまはも少し早くしたいので
早ければ春、なんてね!ほんまか!
絵本のような感じに全部の絵が、世界がつながってるような感じで
思っています。
でも子供のための、
というより、大人になってからそれでも夢見ることとか
美しいものとか、そういうものを見つけ出すことを

殺したりとかそういうことで癒されることは
何一つないと思うから
自分の正体の分からなかったどろどろしたものや幸せと思う見えない塊を
体から放って、美しいものに変える力に

もちろん生活の余裕がなかったり境遇の違いはみなあるとおもうから
天真爛漫に無邪気に幸福を願うわけではないけど
そして美しいと思う基準は人それぞれと思うけど
他人に向かうのではなく自分の中を発掘すること

どこか外国の歌手かスポーツ選手の人が
幼い時に家族を惨殺されているのを
ソファのしたから見てた
父も母も妹も目の前で
でもそれを他人には向かわず自分の中に力に変えて
そういうことを

と思って
で、
展覧会をしたいのです。


あ、
追伸。
福岡の例の方へ

Aが終わりまして次Bへ進めている所です。
こないだ調べてたのはAのほうでした。
そしてAのほうは一般的にそれと思うのとちょっと違うかもしれないけど
調べていて、とても素晴らしくて愛のあるお話だと思ったので
それを描きました。
ほんとに待っていただいて時間がかかってすみません。
毎日みるものは特に、
なるべく慎重に進めたいと思っているからです。
もうあと、少し、お待ちくださいね〜!
[PR]
by t-saekit | 2008-11-24 17:56 | アート活動 | Comments(4)
少しずつ少しずつ幸せは増えてゆく
f0033745_212634.jpg

※絵、さしかえました。楽しそうな雰囲気を出したくて。

先日、「爆笑レッドカーペット」を見てたら、
(お笑いばっかりみててすまん。いやすまんことないけど)
アップダウンのおふたりがうたっていました。もちろん笑いをとるつもりで。

でもなぜか泣けてきました。
面白くなかったのではなく、うたがうまくて。いや、うまいっていうより、
ココロにしみて。

どんな歌やったかおぼえてないんやけど、それをしばらく思ってて、
今日朝、Youtubeでヨシモト無限大の(たしか色んな若手のステージ)
テーマソングをつくろうというコーナーにいきあたりました。
http://jp.youtube.com/watch?v=32gQZnwpsho&feature=related

そして
もはやこれは歌手だ。
と思いました。
(たしかにプロフィールに 歌手 ってかいてるけど)

竹森さんの、つくる過程がもうアーティストの顔で、(メガネモード)
生まれて来た音をつかむのに夢中で
ときどき、
(降りて・・・きたあ!!)
という表情が臨場感あふれます。
f0033745_21012100.jpg

若干投稿のファックス?をけちらすほどの芸術家ぷりもありますが
阿部さんのひとつずつを拾おう、ということもちゃんと見えて、
投稿を反映させるべく
「じゃあ、おれ、2番うたうわ」
という突拍子もない提案に
竹森さんのさぐりさぐりのエンディングもわらえます。

あまのじゃくな私ですが
とても良質な音に顔がほころびました。
ええ歌は、好きです。
即興で作った歌とはまったく思えません。
とてもええ歌です。

だからこのひとときにありがとう
ああ すこしずつ すこしずつ しあわせは増えてゆく

タイトルは阿部さんの笑かしたい投稿チョイスタイトル
『深緑のなまなましい何か』
ではなく竹森さんのもちろんまっとうな意見に負け、
『このひと時にありがとう』
に決まりました。

これはCDにならんかなあ。
とてもすばらしいです。


追記。
ぬか漬けの歌、
http://jp.youtube.com/watch?v=VpzYfPTr2ZM&feature=related
すごい、聴くたびに聴くたびにしみてくるな。
[PR]
by t-saekit | 2008-11-23 13:16 | 舞台の残像 | Comments(0)
ころものたのしみ
f0033745_23284989.jpg

いまどきのわけえコはおされやのお。(訳:この頃の若い子はオシャレやね☆)

Tシャツのドレスに肩から薄手の上質なセーターに切り替わっている。
あのめちゃんこかわいい毛糸のグローブったらなにごとか。
おそらくマフラーだけでええ値段することでしょう、でもそこにお金をかけるだけで
質がグンとアップする・・・!
なぜにそげなオシャレを思いつくのだね。
おばちゃんは上着と下着というカテゴリから逃れられへんのよ、毎朝。
「ううう、上着たら次した、下に履くもの・・・・!」
とかいってばらばらに考えてるからだめなのね。
トータルこーでねいとなのよね。全体をまず把握するのよね。

ひとむかしまえは自分の体型と着たいデザインが一致してない子ばかりやった気がするのやけど、
このごろは己のことを引いてみられる子が増えた、のか、
モノが溢れ、淘汰され、今や洗練された世界の中で、小さいときから
「良いもの」を無意識のうちから吸収しているからなのか。

環境って大事やね。
宇多田ひかるさんもあの家に生まれてへんかったら
あそこまですごい歌をつくられへんかったと思うんよね。
[PR]
by t-saekit | 2008-11-17 23:45 | | Comments(0)
stalker
f0033745_23182429.jpg

追われる夢じゃない夢を見ることの方が少ない
こんな毎日ががけっぷちな私は
今更おびやかされる夢なんて驚かないはずやったんやけど、
三日くらい前、この夢はいつもとちがった。

なぜか美人なその夜の私には、毎日追ってくる男がいる。
自分で言うのもなんだけど(夢だからね)、
漆黒のうるんだ瞳と、森のように深く優しい髪は
オトコをトリコにすると、私は気づいていた。(夢の中ですよ)
その男はとても気味が悪く、いつもいつも隙を見ては入ってこようとする。
ドアを閉めても閉めてもがたがたと音がして、黒い影が見える。
半泣きになって毎日毎日、家中のあちこちの鍵を確認して回る。
ある日、バスルームに立って乳をほうりだしている私の、鏡を見る向こうに
まっすぐ、はっきりと見つめている男がいた。
こんなにはっきり男の姿を見たことはなかった。
暗くて、恐ろしい顔をしていた。
その瞬間、もうこんな所まで来てるんだったら抵抗しても無駄かも
私は何かあきらめがついたらしく、ぼう然と、それでもまっすぐ男を見ていた。
男の強い怨念のような瞳に負けないくらい、目をそらさず真っすぐ見てやった。
そして、次に男が家のドアを壊して中に入って来たとき
もう何か、いいや、と思って、どうにでもなれいと思って
男を受け入れた。
そのあとのことは、少しの間おぼえていない。

そして、次に意識があったときは(まだ夢のなか)
男と一緒に暮らしていた。
それなりに、しあわせそうに。


なんだ、この夢??
一緒に暮らせるって、すごくない?受け入れるって、どうよ。
ふつう、夢のなかって、追われてたら追われてるままに
今この現実におびやかされている問題を
解決できない苦しみをあらわにするもんでなはいんじゃったかしら。
勝手に夢の中で解決してどうする。
っていうか、これは夢判断的にはどういうことなのでしょうう。

底のない恐ろしさと、少し、甘い幸せな気持ちとで、
めざめは複雑でした。
[PR]
by t-saekit | 2008-11-13 23:49 | 夢の通ひ路 | Comments(2)
半歩進む。
f0033745_2321054.jpg

そんなささいなことなのに、たいそうなことをしようとしてたわ。
ただ、気軽に楽しいことを、少しずつ手を動かせばいいことだったわ。
なんか、なぜか、
スケッチすることに気づいた。
なぜかそこは少し避けてた。
ちょこちょこやってたけど、スケッチするぞ、と、意気込んでた。
と、いうことで、
気軽に更新〜♪

っていうか、絵を描くべく調べモノをしてて
疲れたからたまたまぱらぱらめくった装苑に萌え萌えしてしまって
結局こっちに夢中になってしまったわ。
ということでした。
[PR]
by t-saekit | 2008-11-03 23:37 | | Comments(3)