<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
まぼろしの晩餐会
「夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち」
銀座 資生堂ギャラリー 開催中〜8月6日(水)
f0033745_0171618.gif
f0033745_021208.gif

立松弘臣氏コレクションの宮廷晩餐会メニューを下敷きにしてgraf media gmが演出、阿部海太郎、アンドレアス&フレデリーカ、華雪、シアター・プロダクツ、ほしよりこ、南風食堂、森本美絵の作家たちがそれぞれの晩餐会を形にする。

南風食堂、
ルーレットの運にまかせて、
5つの美しいつぎはぎの白昼夢のような
幻想的なメニューを。

ほしよりこのおしゃまな姉妹の晩餐会計画をめぐるストーリーが、繊細になりがちな美しい展覧会を、ちょっとへんてこりんにしてぷぷぷと気が抜ける。
古い美しい形のラジオ?
INGELEN/Schwarswold
から流れる阿部海太郎さんのジョージ六世のための晩餐会音楽が、当時そのままでなくおもちゃの楽器や、違う楽器で演奏されていることが、少しズレた階層でいま、現在の晩餐会音楽として、この晩餐会会場のテーブルに鳴り響く。

奥の部屋にずらっと並べられた立松弘臣氏のメニューコレクションサイコウ!
ナポレオンの晩餐会など歴史的貴重な晩餐会のなか、ツボは「モンゴルフィエ兄弟 気球打ち上げ百周年記念 特別メニュー」。熱気球を祝うためのメニューは意外とフツウ!
唯一気になった「園芸家風」って...?!すべてにおいて謎!

メニューがストックされたぶあついノートを一枚ずつ丁寧に捲る映像も、そのラフな保管っぷりにめくる手がときどき迷うのがオカシイ!「ええい、ばさばさと出てくるなあ」「もうこのメニュー飛ばしたろか...」...やっぱり戻り「いや!ちゃんと見せとかんとな!」なんてつぶやきが聞こえてきそうです。

ガルボにくわしく載ってたので写真でみんと信用できん!という人は?
ここ参考〜
[PR]
by t-saekit | 2008-07-29 01:07 | 展覧会の館
暑いのお
f0033745_0124864.jpg

雑誌からの写真より
勝手に描いてスマン。
(そしてさらに一部改変してるしこれまたスマン)
暑いからって、へんてこ消防士帽子をかむる園児、カワイ過ぎ!
[PR]
by t-saekit | 2008-07-28 00:13 | そぞろ歩き
ヨエコさんが解体した
f0033745_0435413.jpg

解体したあとのヨエコさんを楽屋に訪ねたら
ちんまり立っていた。
あの渦巻くちからを、こんな小さな体で
と思ったらとても凄すぎてなみだが出る。

こんなにたくさんの、
ずっとずっと立って待っていた観衆のひとたちは
もはや立っていたことも忘れてただひたすら、ヨエコさんをみていたことだろう
一心にエネルギーを受けていたことだろう
そんな人たちに囲まれて、そんな人たちを囲む力があるというのに
なにを引きこもることが、なにを苦しいことがあるか、
と思うが、
苦しさを感じる人だから、苦しみをエネルギーにかえる人だからこそ
彼女をみな、想うのだと思う。

どこかの看板を見ただけで
この看板の向こう側に私の知らない人がいて、
ここに居を構えて、誰かと話し、そしてそこに私はおらず
と思うたびに、
私が思っている最中だというのに私はどこにもいなくなり
だれかにいつも浸食される。
街に出る度に、そこかしこの人とすれ違うたびに
ひょいっとその人の人生が私の中で勝手に始まり、
あっちいくたびこっちいくたびだれかの人生が私の中でかけめぐる
ことに恐怖を感じて、家を出たその瞬間から、
もうすでに帰り道に向かっている。
そして時々出ることすら出来なくなることも、現役でヘタレな私には
時々ある。

ということを
ヨエコさんのひきこもり出身の涙を見た時に私の中でかけめぐった。
だれかにもう取り込まれない!
と固く決意してもだれもいつでもやっぱり弱い。
弱さを知っているからこそ、強くなれる。
底を知っているひとは、下の下から根っこが大地をつかんでいる。

ももよんも私の弱さをちゃんと見抜いてくれていて、
ちゃんと指摘してくれていた。
まだまだまだまだ
私はヨエコさんに追いついていない

8年間という期間が信じられないほど濃いエネルギーを
凝縮し爆発させ散ったあのすごい人の
鍵盤のかけらを遺骨として
いつでも私の胸に掛けておこう。
[PR]
by t-saekit | 2008-07-22 01:38 | まぼろしの風景
愛コブッシーの愛のコブシ、ジョイマン な な な なーん!
f0033745_1453044.jpg

母を想う、清木場俊介氏のために
演歌歌手の森山愛子ブッシーが、
ヨイトマケの唄を唄う。
http://jp.youtube.com/watch?v=MURpJc55ZyQ

どんなきれいな唄よりも
母ちゃんの唄こそ 世界一

愛コブッシーのすべてをまるくする笑顔で
だれをも幸せにする気の抜けそうなへなちょこボイスのあとに
突き抜けるように歌い上げる力強さで
背中を押される。

あとね、私が似顔絵を描くとね、似ないのですよ。
ははは。


ジョイマン。
解剖台の上でミシンとこうもり傘が出会ったように
その言葉同士は意外な所で結びつき
生まれた文章は腰がくだける脱力ラップ。
http://jp.youtube.com/watch?v=zuhE58xZ9Rw&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=yNQwT1ELnwU&feature=related
「そ」という上から目線の肯定がなんかハラ立つ〜
相方のこれ以上ないフツウのツッコミ、「なにそれ!」が
なんか、その通り。

Here we go!
カモン!
[PR]
by t-saekit | 2008-07-20 02:02 | 舞台の残像
鬱蒼とした緑の中の、夏の家。
room〜夏の家〜 @digmeout ART & DINNER
f0033745_2124136.jpg

f0033745_2125764.jpg

f0033745_213881.jpg

f0033745_2131971.jpg

f0033745_2132915.jpg

f0033745_213384.jpg


苔むしたマフラーを巻いて。
鬱蒼とした緑の深い家へ
ようおこしやす。


http://www.digmeout.net/cafelog/
カフェマスター、フルタニ兄さんが早速アップしてくれています!ずるずる〜と下にスクロールしていただくといくつか載せてもらってます。私もこの絵、いちばん自分で心に残る絵になりました。
[PR]
by t-saekit | 2008-07-15 02:34 | アート活動