<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
現代☆狂言劇!?
※画像はクリックすると大きくなります。
f0033745_7485571.jpg

21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン内)
サマープログラム「落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW」
茂山狂言会『京の今日の狂言です』


安藤忠雄建築の禁欲的コンクリート打ちっぱなし空間に
ぱちんぱちんと咲いた毒を持った花のようなあざやかで
たとえばうそっぽいタラコ色の変わったベンチ!や(片端はミッキーみたいな肘掛けつき)、
舞台袖にはのび太がでてきそうな土管のごとく・・・と思ったらそこから演者出てきたわ!!
会場構成・デザイン・グッズ制作はGRAPHの北川一成さんのようでした。
http://www1.moshi-moshi.jp/content/2007081108434925990.entry/html/company%20info

茂山千三郎さんの茂山流狂言の心意気漫談トーク?のあと
『蚊相撲』『濯(すす)ぎ川』と、古典の衣装ままの演目のつぎに大注目の、
『KUSABIRA』。
Ne-netデザイナーの高島一精さん衣装、
お豆腐狂言(親しみやすい)で有名な茂山狂言のコラボレーション。
腰を落として、ももに手をそえ、「これはこのあたりに住まいいたす」庭の主の衣装、ヘンテコかわいい!
山伏もでてきた!なんじゃあれ!?頭巾、うさぎかぁ〜?ツノ??でも山伏クサイ修行者のかおりはする!
きのこがまたへんてこにぎやかだ!総人工色だ!

元あるらしい古典の「菌(くさびら)」をいま、キノコが生えるとしたらこんなん生えそうやな・・・
ってな実験をかさねる茂山家はいまを生きる伝統芸術一族。
淘汰されてきた「型」を磨き続けることは大事なのはもちろん、
そこに血が通い今の風を吸いお菓子をスイーツと呼ぶ、今日の舞台は、
たとえばこんなんかもしれません。
[PR]
by t-saekit | 2007-08-14 03:09 | 舞台の残像
太陽の人をめざして
f0033745_23435797.jpg


北風と太陽
の太陽のごとく
笑顔で相手を照らして
風をふかしていさめるやり方でなく
あたためてほぐれたときに芽吹く想いを生みたい
そういうものに
わたしはなりたい

あれ?

そしてこれが私のアート活動その2。
[PR]
by t-saekit | 2007-08-09 23:41 | アート活動