カテゴリ:アート活動|構想( 10 )
11/4(金)~11/26(土)個展、11/26(土)18時からライブ!!
f0033745_06314442.png
f0033745_06342888.png
11月に展覧会をいたします!
北品川のカフェ、 zakka + cafe La capiにて、11/4(金)~11/26(土)、個展をさせていただきます。

そしてそして、最終日の夜には、18時からライブをしていただくのですが、
もう、彼女の歌声を聴くたびに、私は本当に子供に還ったみたいに、世界がきらきらしていた気持ちを思い出すのです。
あんなに幸せそうに歌う人を見たことがありません。
どしゃぶりずぶぬれで、初めて歌を聴きに行った日、もう今日はだめかもと思ったはずだったのに、その帰り道、すっかりすがすがしい気持ちになったことは忘れられません。
その、大江友海さん(もみさん)に、ぜひ歌ってもらいたくて、今回声をかけさせていただきました。

共演は、 梅野絵里さん(ピアノ、アコーディオン)で、これまた、もみさんが参加されている『旅猫油団』のメンバーとしても活動されていて、その世界の楽器が奏でる、愉快で美しい音楽たちに魅了されました。

皆さまに聴いていただきたくて、早めに告知させていただきます‼

ライブ
11/26(土)17:30開場 18:00開演~20時くらいまで
2,000円 (1ドリンク付き) 定員15名ほど

展覧会会期
11/3(金)~11/26(土) 11時から19時まで (最終日ライブ18時から貸切)



★★★ライブはメールでのお申し込み制です★★★
お店または佐伯朋子あてにFacebookメッセージかメール→
t-saeki@topaz.plala.or.jp までお願いいたします。

場所 zakka + cafe La capi
東京都品川区北品川1丁目30−4
03-3450-8234

チラシダウンロード ⇨ www16.plala.or.jp/tosaito/lacapi_dm.pdf

f0033745_06352132.jpg
ハトロン紙に印刷でこのように封筒折になります。




[PR]
by t-saekit | 2016-09-07 03:25 | アート活動|構想 | Comments(0)
フェイスブックについて

フェイスブックでリクエストして下さる場合、

いまのところ個人的に直接知り合いの方のみ

リクエスト承認させていただいております。

なにとぞどうぞよろしくお願いいたします。



佐伯朋子
[PR]
by t-saekit | 2013-03-04 17:44 | アート活動|構想 | Comments(0)
絵 ページトップを変更しました
f0033745_112253.jpg

(左柱の3行目) トップページを変更しました。

今まで描いて来たものを一堂に、自分で、見たかったのと、
一堂に、見てもらえるように、しました。

中身は、同じですけどだいたい。


だーっと、見て、
音楽でも、聞こえてくるような世界観が見られたらいいな、
と、思った次第です。
[PR]
by t-saekit | 2012-12-27 11:28 | アート活動|構想 | Comments(0)
展覧会と、絵本を
今、絵本を描いています。
そう遠くないうちに、お見せできればと思います。

そしてそうこうしているうちに
グループ展覧会のお誘いを頂きましたので
告知させて頂きます。


「Magic Seeds vol.3 -魔法の種-」

新しい才能を花開かせるであろう<魔法の種>を持つ
イラストレーターを紹介する企画です。

2012年2月14日(火)~2月19日(日)
ギャラリーDAZZLE(東京都港区北青山2-12-20-101 外苑前が最寄りです)
http://gallery-dazzle.com

日常からちょっと浮いた異世界の
絵本のような人びとの肖像画をお見せする予定。





鍵をかけたままにしているSHOPのギャラリーも
季節の変り目に気づいた時に描いて掛けて行こうかな。と。





ほんとにちょっとずつしか進まない、悠久の時間軸で動いておりますが
スピードアップしてしまうといろんなものを落としてしまうので
こんなペースで。
[PR]
by t-saekit | 2011-11-03 20:34 | アート活動|構想 | Comments(0)
大きな提灯をかがり火に
展覧会も終わり、
昨日の早朝帰宅して
くったり疲れた感じと大きな達成感。
絵本原画展と、自分のいままでの作品たちと
そこで出会った人たちと

自分がえがいてきたもの
はなってきた言葉や人とのつながりが
ここへきて大きなカタマリになったように思う。

浴槽の縁に
垂らした水滴の島を
指でつなげるような感覚。


石井ゆかりさんの週報にあった魚座には
そんな大きなスタートの気配があった。

ーーーー

高いところに大きな提灯を結びつけるような週です。
それに火を灯すと、
多くの人が「なんだろう?」とふり向きます。
そして、そこでなにかが始まる事を知り、
それぞれの好奇心や意欲に合わせて、動き始めます。


みんなが何かを望んでいると解っていても、
そうした大きなかがり火のようなものがなければ
なんとなく、物事が動き出さない
という場合があります。
じわじわと条件はそろいつつあるけれども、
最後のゴーサインを、誰がいつ出すのか、わからない
という場合があります。
これまでそんな状態がしばらく、潜在的に続いていたのかもしれません。
そんな流れの中で、
貴方が不意に脚立にのぼり、
その美しく大きな提灯をかかげて火を灯します。
その光を見たとき
同じ光が胸の中にある、ということに
貴方の周りにいる多くの人が、気づくだろうという気がします。

http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/week/110613pisces_w.html
ーーーー
[PR]
by t-saekit | 2011-06-14 18:47 | アート活動|構想 | Comments(0)
宣言やら告知やら。頭の整理も兼ねて。
やることとやりたいことが同時にせめぎあって
ちょっとあっぷあっぷ。
追われる夢を見続ける日々なので
ここらでちょっとスケジュールと展覧会整理。

●1月25日(火)〜 2月6日(日)
「いろはCarta展」
http://gallery-dazzle.com/schedule/2010/101.html
48名の参加です。

●年明け冬あたり?
雑誌「NODE」LOVE JAPAN プロジェクト

●時期未定ですが二月末か三月頭かな?
絵本展
文:森 麻衣子/絵:佐伯朋子

マイピクパトロンサービスも継続中なので
ぜひとも〜。いつからでも始められます。

という予定です。
童話モチーフの展示も考えていたのですが
ちょっと今年の冬はぱんぱんなのでできそうになくて
もう少しあっためてからにしますね。

何をやるべきか、どういうかたちで実現可能かを
あるところは夢ふくらませ
あるところは現実的に見据えて。

そうじゃないと
やりたいことたくさんありすぎると
自滅することもあるなと、冷汗の日々です。
夢見悪いのが続くし、部屋の片付けも作品も
ちょっとやっては、ここにあんまり時間をかけてられないとか
また違うことにとりかかり、いつまでもやりとげられない。
気持ちがつぎつぎ移って焦りがとまらない。
これはよくないーーー。

落ち着いて、整理しながら、すすめているところです。
[PR]
by t-saekit | 2010-12-14 15:49 | アート活動|構想 | Comments(0)
にほんのもの
にほんのデザインはころころと愛らしく、
はっきりきっぱりとスマートで、
そんなサイトを二つ。
f0033745_1831412.jpg

株式会社 北星社|紋と暮らす。紋を贈る。
兵庫の印刷会社が立ち上げたブランドかな。
紋かるた、紋しるし、紋たより。
光琳梅を組み合わせちょいちょいといたずら描き?
つらのかわ梅の、つらの皮、おじい的タレ具合にこころゆるしてしまう。

f0033745_18321251.jpg

マリンバ奏者、通崎睦美さんのメテユンデ
マリンバ奏者とあって、
西洋的な音楽的モチーフと和柄・銘仙の組み合わせはとても洒落てる。
銘仙を中心としたアンティーク着物のコレクターである通崎好みのセンスがうかがえます。
[PR]
by t-saekit | 2010-09-11 18:49 | アート活動|構想 | Comments(0)
展覧会構想|おとぎ話の絵
f0033745_20344899.jpg

みんなが知っているようなおはなし、
昔話やおとぎ話や、文豪の作品

(1)美しく妖しい話とか
(2)コロボックルなわくわくするような話とか
(3)日本の文芸な話とか

かつて読んだことがある記憶のすきまに
私の絵を挿絵としてはさんじゃおう!
わかりにくい表現でスマン。
要は有名なお話を自分なりに描いてみようと、
その断片断片をちりばめて部屋(ギャラリー?お店?)を
囲んじゃおうと
そんな展覧会を
今年できたら!とね。

ひさしぶりに持込をして
静かなその部屋でゆっくり絵の話をして
そんな展覧会をしてみたらどうですかと
おっしゃってくださったので
それはぜひとも!と
鼻息荒く
最近のぽかぽか陽気(今日激寒いけどな!)に
さそわれたドーパミンがむくむくと
構想の城をたてているところです。
[PR]
by t-saekit | 2010-02-03 20:50 | アート活動|構想 | Comments(2)
残暑をお見舞いさせていただきます/ひと月一枚。
f0033745_1111268.jpg

ぬた〜っとした昼間の淀んだ空気から、ふと、
陽がかたむき、
空気がとろけてきて、さらさらと風が山から降りてくる。
みやびな虫の鳴く声。

ほんまに暑いですなー。
そして暑さから一転、戦いのあとの静けさよ!
みなさま、お体ご自愛くださいませ。
私もね。


そして
そんな陽炎ゆらめくこんな季節にひんやりした絵、
実はある企画のために描いていたのですが、
あふるる想いは期日に間に合わず、(まだ期日きてないけどきっとこのペースでは)
しょうがないので自分で勝手にやるかと、
アート構想、ひと月に一枚《十二ヶ月の旅》シリーズと題して
お送りさせていただこうかと。
こっちにも。http://www16.plala.or.jp/tosaito/ga/ryusei.html


いちおうひと月のうちどこかで今月の一枚的に。
忘れないようにきばります。


2009年盛夏
[PR]
by t-saekit | 2009-08-10 01:37 | アート活動|構想 | Comments(0)
演目「開かれた研究室」
f0033745_1394352.jpg

※クリックするとメモは大きくなります。
f0033745_1395658.jpg

「なんでこうなるの?どこからきたの?どこへいくの?」

といつも思っている私にとってひそかにココロ寄せる場所は、東大の博物館。
そんな折、東京大学総合研究博物館長の西野嘉章さんが21_21デザインサイトで講義をとな!
先週土曜日、陽ざしの心地よい吹き抜けで行われた講義はめちゃくちゃおもしろくて、
実はもう少しヴンダーカンマー的な、埋め尽くされた「棚」の話が聞きたいなーと、
思ってはいましたが、(小石川分館の陳列棚の美しさよ!)
もう少し根源的な話で、でもその、
かたっぱしから収集するそのアツいココロイキはしかと受け取りました!

そして、
サヘキのアタマには、

「アート&サイエンス」

という言葉が天啓のように響いている。
(ソニア・パークの ARTS & SCIENCE を含めても、とてもよい ってカンケーある?)


放散虫の、なにあのアミメ!レースみたいに美しすぎ〜
とか、O型と花の蜜の関係?って?などなど、この世の不思議の数々。


磨いていけばきっと私なりに提示できると思っている表現は
幻想的なほどに美しくかつ
時に妖しい魔界が口を開いて、おびきよせたとしても
立ち向かえる心の強さと、暗い淵を覗く軸足が地にふんばれるたくましさとを持ちながら
やっぱりへんてこたのしい腰クダけの人々、場所、イキモノ。さまざまな登場人物と舞台のセット。

そうなの、だからここであらためて思った先の天啓の中身、
現代美術館で実はハタラくさへきは、
もっともっと身近でひらかれたところに降ろしていきたい、ということ。
背中を向けた世界のしっぽではなくて
もっと真正面に向いて、その美しいコートを見せてほしい。
ものがたりの含まれた舞台やステージに、エンターテインメントの場所に、
世界のかけらを撒いていきたい。


美しい世界の断片をばらまく作業にはやっぱり絵として美しい必要があると思っている。
こっちの方はそういう意図の意匠かもしれんけど、
背景はおろそかやで、とかかもしれん。
たぶんそれはしょうがない。へーだからこんなカタチなのね、とかミーハーに
ファッションデザイン的にその造形でいきなり魅かれれば、それだけでいい。
その入り口を多く見せていきたい。


美しい本。
東京大学コレクション CHAMBER of CURIOSITIES図録
写真/上田義彦
アートディレクション/原研哉
企画・編集/西野嘉章(東京大学総合研究博物館教授)

ーついでに原研さんといえばもういっちょ
原研哉さん愛知万博の初期プロモーションはすばらしすぎた。
キャラクターなぞをつかわず自然の中に有る生命や造形への"気づき"をうながし、
(だからロゴも「点線の丸」で、そこにあることを気づかせるような)
また、たしかグッズ展開等も極力避けてたんやったっけな、万博へ運び込まれる
どうしても必要な段ボール類に最低限貼る「ガムテープ」で、
ビジュアル展開をする、というもの。
実現することはなく、残念・・・もりぞーやきっころではなく
ここができればもっと違った日本になってたかもね・・・
たとえば「エコバッグをつくる」時点で、すでにエコじゃないやい!
と思う。ー


大事なのはそれを興味持って
しくみに驚嘆したり/すごい綺麗ぃ!/なんで〜?
ってことだと思う。

にほんごであそぼ の永く伝えられて来たことばのたのしさ
どれみふぁワンダーランド の 音と声とそれをつなぐ音楽!
ひらかれた研究室のあとを追って私も
たのしく幻想的で神秘のステージが作れたらいいな。
[PR]
by t-saekit | 2009-07-29 01:45 | アート活動|構想 | Comments(0)